コンビニのおにぎり、小さくなったのでは? 糖質制限の流行もあり米の量を抑える傾向にあります

1 : 2020/10/25(日) 18:49:02.84 NU3GSD6k0●.net BE:928139305-2BP(2000)
原材料価格の高騰などから、販売価格据え置き
のまま飲料の容量が減ったり、菓子が小さくなったりして、
「実質的な値上げではないか?」との声がしばしば聞かれる。
消費者の目はシビアで、最近ではコンビニで売られている
サンドイッチの具の量にも注目が集まった。そうした中で、
SNS上ではコンビニの定番商品であるおにぎりも、サイズが
小さくなっているのではないかという疑念の声が散見される

はたして「おにぎり小型化」疑惑の真相やいかに? 
コンビニ大手3社に見解を求めたところ、ローソンを除く
セブン-イレブンとファミリーマートから回答があった。

セブン-イレブンの広報担当者は「おにぎり小型化」の疑惑
を否定する。「ご飯や具材の量目について対外公表はして
おりません。そのため具体的な数字の回答は差し控えさせて
いただきます」としつつも、「代表的な手巻おにぎりを例にしま
すと、ここ数年でご飯の量目は変更しておりません」と、近年
は変えていないとのこと。

一方、ファミリーマートの広報担当者は、もともとおにぎりの
ご飯の量に「(何グラムと)決まった重さがあるわけではない」
としながらも、「糖質制限の流行もあり、おにぎりに限らず
お米の量を抑える傾向にはあります」と、以前よりご飯の量が
少なくなっていることを認めた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/58d59365781c902586461ae6f19e3e262fe23918?page=1